創業者たちから受け継がれる技術と信念。
時代に合わせて新たな技術と信頼を生んでいく。

私たちマルマテクニカ株式会社、旧称「マルマ重車輌」、通称「マルマ」の歴史は、戦後日本の建設機械業界の歴史といっても過言ではありません。ご覧のように、戦後の焼け跡の東京の建設機械整備工場からスタートし、お客様のニーズに答える形で発展してきました。
現在は、創建時の建設機械の整備・改造のみならず、建機関連機器の開発生産、特殊機械の輸入販売、そして設備機器の輸出販売などの、多様な側面を持ち、それらを緊密に連携させて、お客さまの利益に結びつける技術者集団へと進化しています。
このように、コンパクトな組織が、いろいろな分野を技術力で結びつけて、他には真似できない強みを創り出す(止揚する)ことが、当社の最大の特徴と言えましょう。
また、当社は、フェアな会社でありたいと考えております。全ての関係者に対して誠実でありたい、ということです。不器用だ、アホだ、と言われても場合によっては甘受しますし、改善には手を抜かないようにしますが、卑怯な会社だ、と言われる会社には絶対なるまい、と思っております。これは、社訓とならび、私たち創業者から社員へ受け継ぐべきものとして大切にさせています。
ご訪問の皆様が、このサイトで、何らかの有益な情報をえていただくこと、そして、何らかの形で、私たちと新たな繋がりが生まれることを願っております。

創業者一同(代筆:社長)