DPF無しで排ガス規制Tier4Finalに適応
国内型式認定も取得

ディーゼルエンジン

JCB社製ディーゼルエンジンとKOHLER社製ディーゼルエンジンをラインナップ。
JCB社はイギリスにある建設機械メーカーで、創業1945年、75年以上にわたり中小型の農業機械、建設機械を中心に製造し、今では300機種以上を販売しています。このJCB社が独自開発したディーゼルエンジンをお届けします。
KOHLER社のディーゼルエンジン部門は2007年に統合されたイタリアのLOMBARDINI社がベースとなっており、ヨーロッパではトップクラスのシェアを誇っています。KOHLER社は水冷エンジンに加えて、今では手に入り難くなった空冷エンジンも製造しています。

PRODUCT

製品特徴

JCB社製ディーゼルエンジン
国内型式認定を取得

JCB社製ディーゼルエンジンは、出力クラス55~212kWをラインナップ。そのうちの4クラス、81kW、93kW、108kW、129kWで国内型式認定を取得しており、公道を走るナンバー取得車両や大量生産の機械にも搭載することができます。オフロード車両としては主に建設機械、荷役機械及び農業機械に搭載され、定置式機械としては主に発電機、揚水ポンプ、フルイ機、コンプレッサー、リサイクル機械及び油圧パワーユニット等に使用されています。

JCB社製ディーゼルエンジン
DPF無しでTier4F認定取得

JCB社製ディーゼルエンジンは最新の機器や電子制御を組み合わせることにより、尿素SCR(Selective Catalytic Reduction)のみでTier4Finalの認定を取得。複雑な強制燃焼システムや高額なフィルターの再生、交換作業の必要がないため、メンテナンスコストを大幅に削減することができます。
※各モデルの仕様詳細につきましては、下記スペック表をご参照ください。

KOHLER社製ディーゼルエンジン
空冷エンジンもご用意

KOHLER社製ディーゼルエンジンは空冷エンジン2.7kW~18.8kWと水冷エンジン8.6kW~105kWをラインナップしています。エンジン単体だけではなく、ラジエーターや燃料タンク、モーター及びキースイッチも併せてお届けすることが可能です。使用用途としては農業機械をはじめ、建設機械、林業機械、発電機、ポンプ及びコンプレッサー等と多岐にわたっています。

KOHLER社製ディーゼルエンジン
DPF無しでTier4F認定取得

KOHLER社製ディーゼルエンジンは最新技術を駆使することにより、DPF無しでTier4Finalに対応しています。そのため高額なマフラー交換が不要です。更に厳しい基準であるStageⅤには排ガス処理装置を組み合わせることで対応可能です。また、非常用エンジンとして構造がシンプルな旧規制対応型も継続してご提供しています。
※各モデルの仕様詳細につきましては、カタログダウンロードのスペック表をご参照ください。