テスト

それなりの経験・資格が必要ですか?

「あまり必要ではないです。根本的に当社の事業分野に興味があることが大切な資格です」とお答えしておきます。

一般論にもなりますが、
・工場勤務の場合は、機械構造・油圧・電気などの実践知識が必要。
・営業の場合は、顧客にコンサルティング出来るほどの幅広い知識と折衝能力が必要。
・設計の場合は、強度計算などの基本に加え問題解決のための創意工夫が必要。
・海外派遣の場合は、総合力に加え語学力や交渉能力が必要。
となります。つまり、それぞれの分野で必要とされる知識は、若干異なるので、それはその都度修得するほうが現実的でしょう。

ただし、共通して必要なことは積極的に技術を修得する姿勢です。新しい知識技能を抵抗無く、むしろ喜んで受け入れてくれる人の方が有利です。好きこそものの上手なれ、と言いますしね。 とくに現状では、我々は機械を扱うことが多いので、「機械好き」はその中でも有効な資格です。ですから、答えを言い換えれば、「機械いじりの経験はなくとも良いですが、当社の取扱い製品を情熱をもって扱える素養があれは、仕事はより楽しい」ということになります。

これは、各々個人の自己実現のための、当社だけではない就職にあたっての一般的な考えでしょう。
具体的な資格、例えば大型特殊免許や自動車整備技士、製図検定などを持っているのはありがたいです。これは、即戦力としての知識を歓迎する、という点ももちろんですが、技術を習得する前向きな姿勢がある人として考えるからです。
ですから、当社の内容に興味があること自体が、必要条件をみたしていることだと思います。あとは、その興味がどこまで深いかを、Webページを見たり、会社説明会や工場見学会でチェックしてみてください。

蛇足になりますが、以前、内定者に対して入社2年~3年の社員にアドバイスを尋ねた時、多くの社員が、「特定の勉強はしなくとも良いから、学生生活でしかできないこと、例えば友人との交際や旅行などをしてください。」と述べていました。私も同意見です。
(ただ、数人は「普通免許だけは取っておけ」とも書いていましたが)

filed under: